湘南地区に希少な現代アートギャラリーを開廊 GalleryPictor山本紗知

好奇心に溢れ、次代を創造しようとする市民と作家との交歓の場となることを目指す

Gallery Pictorは、湘南地域には数少ない現代美術作家の作品を取り扱う企画ギャラリーです。ペインティング、ドローイング等の絵画作品を主として、今後予定されている写真作品の取り扱いも含め、平面作品の企画展を3~4週間ごとに行なっています。

2019年4月に開廊したばかりのGallery Pictorのオーナーの山本紗知さんは、20代の頃から、漠然と将来は「自分で仕事をつくりたい」と思っていました。東京から湘南地域に移住したことがきっかけとなり、この場所でそれを実現したいという思いを強くし、ギャラリーの設立に至りました。

鎌倉には古美術や工芸品のギャラリー、あるいは絵画を扱うとしてもレンタルギャラリーはそれなりにあるのですが、【現代作家、絵画、企画ギャラリー】の3要素が揃ったギャラリーは非常に少ない状況でした。このGallery Pictorは由比ガ浜通りに面しており、地元の方はもちろん、観光などで通りかかる方たちにも、良質な作品を鑑賞していただける、オアシスのような場所を提供したいと 考えています。ギャラリー空間にはウィンドウを通して柔らかい自然光が入り、通りのさざめきが聴こえる穏やかな環境です。

 

「アーティストと協力して質の高い展示企画をたて、この鎌倉で上質の鑑賞空間を提供していけるよう、努力していきたいと思います。」と語る山本さん。生まれたばかりギャラリーですが、これからますます鎌倉に新しいアートの風を吹き込んでくれることでしょう。

 

DATA

所:鎌倉市由比ガ浜3-1-28 鎌倉テーラービル202
問:080-7085-8404
info@gallery-pictor.com
営:11:00~18:00(月曜定休、展示入れ替え期間は休廊)
HP:https://www.gallery-pictor.com/

関連記事

Comment





Comment